経費削減を実現し、精算作業に費やす時間を大幅に短縮する「精算快速!」の製品販売及び技術開発を提供しております。

精算快速!Lite
ホーム
機能追加
ユーザー登録
オンラインヘルプ
WWW検索 精算快速

よくあるご質問

Q 読取るタイミングによって利用履歴件数が変動します。どういうこと?

A SF系カードとリーダーの接触により、カード内履歴を全てを表示出来ない事があります。
正確に読取る事で最大件数表示されます。鉄道系SFカードの利用履歴件数は基本的に20件です。

Q 定期区間の情報が表示されません。なぜですか?

A SF系カードに定期区間内の乗り降り情報は記録されていないため、表示されません。

Q カードの履歴がまったく表示されません。

A 2008年4月時点で精算快速!Liteで動作確認されているSFカード系列は以下になります。
随時追加予定です。

・Suica
・モバイルSuica
・TOICA
・ICOCA
・PASMO
・PiTaPa
・IruCa

Q カードが2枚以上あった場合どのように使用すればいいですか。
またその履歴を一度に表示したいです。

A 操作からオプションで"カードを連続で読取"を適用させ、
2枚以上のカードを連続で読取ると画面がクリアされずに、利用履歴が同時に表示されます。

Q 支払額、残額が表示されません。

A ポストペイ機能のSF系カードでは日付、入場駅、出場駅等の利用履歴は表示されますが、後払いのため、支払額、残額は表示されません。
また、他SFカードに関しての支払い金額は残額データを元に算出するため、カード履歴の一番過去のデータは支払い金額が表示されません。

Q 精算快速!Liteが起動しません。助けて!!

A ・.net Framework 2.0がインストールされていない可能性があります。こちらより.net Framework 2.0をインストールしてください。
(.net Framework 2.0がインストールされているか確認するには、コントロールパネル⇒プログラムの追加と削除より、インストールされているプログラムの一覧が表示されますので、そちらより確認できます。)
・.net Framework 3.0がインストールされている場合においても
.net Framework 2.0が必要となります。
・精算快速!Liteのインストールが正常に行われていない可能性があります。精算快速!Liteの再インストールを行ってください。
・精算快速!LiteはWindowsXP SP2以上のOSに対応しております。
Windows2000等は動作保障致しません。
(精算快速!本サービスではWindows2000でも動作確認済です)
・精算快速!Liteが正常にインストールされていないか動作環境が壊れている可能性があります。
精算快速!Liteの再インストールを行ってください。

Q 利用履歴情報、残額が表示されないんだけどどうすればいい?

A ・リーダーが正常に接続されているか確認を行ってください。
・他SF系カード対応アプリを終了させてください。
・精算快速!Lite対応SF系カードか確認を行ってください。⇒対応カード一覧
・画面上部の読取ボタンをクリックするか、表示⇒読取実行を行ってください。

※上記方法で利用履歴情報、残額が表示されない場合は、精算快速!Liteが正常にインストールされていないか動作環境が壊れている可能性があります。
精算快速!Liteの再インストールを行ってください。
※精算快速!Liteを起動している状態で、リーダーの抜き差しを行わないでください。
動作が正常に行われない可能性があります。


Q 利用履歴情報に不明と表示されます。

A 精算快速!Liteで使用されているデータは、2008年4月時点での、対応カードが利用可能な駅、販売店等の情報です。
乗車料金が共通区間や販売店等で購入した商品の情報は表示されません。
登録されていない情報は不明と表示されます。

Q 印刷機能がほしいです。

A 保存したテキストファイルを印刷することは可能ですが、帳票フォーマットに対応しておりません。
対応させたい場合は精算快速!本サービスをご利用ください。
エンタープライズ版にて様々な帳票カスタマイズが可能となっております。
詳しくはこちらよりサービス内容をご確認ください。

Q 交通費と買い物を区別したいです。区別できませんか?

A ソート機能をご利用になり区別していただくか本サービスをご利用いただくと交通費とその他の物販経費を分けて表示することができます。



【追加ヘルプ機能について】

現在最新ファイルは更新されておりません。


【ヘルプ目次】

精算快速!Liteとは
対応カード一覧
メイン画面
オプション設定
精算快速!Liteの起動方法
スタートアップへ登録
精算快速!Liteの終了方法
利用履歴情報、残額を表示する
動作環境
インストール、アンインストール
Q&A
精算快速!本サービスのご案内
使用許諾
免責事項、著作権
バージョン情報

【精算快速!Liteとは】
精算快速!Liteはお手持ちのSF系カードの履歴情報を読取経費情報に活かすための
ソフトウェアです。
精算快速!Liteで表示されるデータは、そのデータの正確さ・整合性を保証するものではありません。
データの正確さ・整合性については検証を行っておりますが万が一、正確さ・整合性について問題があったとしても何ら保証をするものではありません。ご参考頂く範囲内でご利用ください。
また、精算快速!Liteではサポートを行っておりません。サポートが必要なお客様は精算快速!製品版をお求めください。

【対応カード一覧】
精算快速!Liteで利用履歴情報、残額を表示可能なSF系カード一覧の系列です。

・Suica
・モバイルSuica
・TOICA
・ICOCA
・PASMO
・PiTaPa(利用履歴情報のみ)
・及び、上記と相互利用のカード

【メイン画面】
精算快速!Liteメイン画面の各項目の説明です。



残高 利用履歴表示を表示したSF系カードの残高を画面左上に表示します。
読取 精算快速!Liteに対応しているSF系カードをリーダーにかざし、中央上部の読取ボタンを押下し、利用履歴と残高を表示します。定期区間内の乗り降りは表示されません。SFカードとリーダーの接触により、カード内履歴を全てを表示出来ない事があります。また、ポストペイ機能は後払いのため、残額、支払額共に表示されません。
精算快速!Liteロゴ 精算快速!公式サイトにリンクします。

【利用履歴表示】
利用履歴を表示した際の各項目の説明です。

利用履歴表示

NO 最新の履歴から順番に表示します。オプション設定でソート順を変更可能です。オプション設定はこちら
日付 利用日付を表示します。
入場駅 入場した駅を表示します。チャージした場合は、チャージした駅を表示します。
出場駅 出場した駅を表示します。チャージした場合は、チャージした端末を表示します。
チャージ SF系カードにチャージを行った場合、チャージした金額を表示します。
残額 入金、出金に伴い、利用後の残額を表示します。
支払額 支払った金額を表示します。チャージした場合は表示されません。支払い金額は残額データを元に算出するため、カード履歴の一番過去のデータは支払い金額が表示されません。
備考 備考を表示します。備考欄に文字を入力する事が出来ます。csv、txtファイルに保存した際に、一緒に保存されます。

【不明データの捜査協力のお願い】


カード情報読取り後の利用履歴表示画面内で「不明データ」と表示されることがあります。 表示された「不明データ」をクリックすると、「不明データの調査協力のお願い」 画面が起動します。各種情報を入力すると履歴情報に反映され、 入力していただいた情報が製品の精度向上に役立てられます。不明となっている駅・バス停のデータの調査に是非ご協力ください。 また送られる情報は画面上の情報のみ送信し個人情報は一切送信されません。

各種項目を入力後"OK"を押下すると、利用履歴表示画面の「不明データ」に、 入力内容が反映されデータとしてファイル出力が可能になります。 入力が必要の無い場合は、キャンセルを押下するか、画面を閉じてください。 物販系も同様に各種項目を入力すると入力項目が反映されます。

【ファイル】
画面左上"ファイル(F)"を選択した際の、各項目の説明です。
ファイルに保存する 利用履歴情報をcsv、txtファイルで保存します。
終了する アプリを終了します。保存せずに終了した場合でも、SF系カード内の履歴は失われません。

【表示】
画面左上"表示(V)"を選択した際の、各項目の説明です。
画面をクリアする 表示されている履歴のクリアを行います。カード内の情報はクリアされません。
常に前に表示する 精算快速!Liteを常に一番前のウィンドウに表示します。
読取グループ毎に表示 読取を行ったカードをグループに束ねて表示させます。表示されたカード毎にNOが割り振られます。

【操作】
画面左上"操作(O)"を選択した際の、各項目の説明です。
読取を実行 精算快速!Lite対応SF系カードの読取を手動で行います。読み取りを実行しない限り、SF系カードの利用履歴情報は表示されません。
自動読取 精算快速!Lite対応SF系カードの読取を自動で行います。
データ保管フォルダ ファイルに保存するを選択した時に保管されるフォルダを選択します。
オプション設定 オプション機能の設定を行います。詳しくはこちらより参照ください。

【ヘルプ】
画面左上"ヘルプ(H)"を選択した際の、各項目の説明です。
精算快速!Liteのヘルプ 精算快速!Liteの使い方を参照します。
オンラインヘルプ Web上のヘルプを参照します。
オフラインヘルプ アプリ内のヘルプを参照します。
利用者登録ページ 精算快速!Liteユーザ登録ページに接続します。
機能の追加 精算快速!Liteの機能追加を行えます。
最新版チェック 最新版の有無を確認します。
業務用カスタマイズのご相談 精算快速!商品のお問い合わせのホームページへリンクします。ユーザ毎のカスタマイズが可能です。
バージョン情報 バージョン情報を表示します。


【オプション設定】
画面左上"操作(O)"から、"オプション設定(O)"を選択した際の、各項目の説明です。


精算快速を常駐させる 起動時に自動的に精算快速!Liteを常駐させる事が出来ます。
カード自動読取モードで起動する 手動で読取るのではなく、かざした場合に自動的に検知して読取らせます。
読取後画面を開く 画面を最小化している時や常駐させている時に読取った後に画面を起動し表示します。
読取後データを自動でファイルに保存 読取完了後自動的にデータを保存します。
保管先メッセージを出さない 保存先を選択せずに保存します。"ファイルの保管先の設定をする"が選択されている場合は指定場所に保存されます。指定されていない場合は精算快速!Liteインストール先フォルダに保存されます。
カードを連続で読み取る 連続してカードを読み取る事ができます。
アプリ終了時に確認をしない 終了するを選択した際の、終了確認ログの有無を設定します。
ソートをする 読取ったカード情報を表示する際にここで選択した順番で表示されます。
昇順で並べる 数の小さい順に表示されます。文字は前から順で表示されます。
降順で並べる 数の大きい順で表示されます。文字は後ろから順で表示されます。
バルーンヘルプ情報を出さない カーソルを特定のアイコンに重ねた時に吹き出しで説明が表示されます。
スタートアップへ登録 Windowsログイン時に自動的に精算快速!Liteを起動させます。
ファイル保管先の設定をする 利用履歴情報のファイル保管先の設定をします。ここで設定した保管先にファイルが保存されます。
データ更新URL データ更新のURLを設定します。新たに提供されるサービスがここで設定したURLより更新されます。
初期値に戻す オプション設定の各値をデフォルトの初期値に戻します。


【起動方法】
精算快速!Liteアプリの起動方法の説明です。
スタートから起動 スタートメニューのプログラムより起動することができます。
ショートカットから起動 デスクトップ画面の精算快速!Liteアイコンを選択し、起動します。
※常駐されている場合、画面右下の精算快速!Liteアイコンを選択する事により、精算快速!Lite画面を開きます。

【スタートアップへ登録】

【登録方法】
スタートアップに精算快速!Liteへのショートカットを追加する事で、Windowsログイン時に自動的に精算快速!Liteを起動させることができます。

まずは精算快速!Liteを起動します。次の画面が表示されます。"スタートアップへ登録"へチェックを入れ、"OK"を選択します。今後この画面を表示させない時は"今後表示しない"にチェックを入れます。
※スタートアップへ登録の確認方法は、スタート⇒すべてのプログラム⇒スタートアップ⇒精算快速!Liteの順番で確認できます。
【変更方法】
精算快速!Lite起動後、"操作(O)"⇒"オプション設定(O)"を選択します。
"スタートアップへ登録"のチェックを外し"適用"を押すとスタートアップの登録から削除されます。最後に"OK"を押します。再度スタートアップへ登録するには画面上の"操作(O)"⇒"オプション設定(O)"を選択し、"スタートアップへ登録"にチェックを入れ"適用"を押すと、スタートアップに再度登録されます。最後に"OK"を押下し終了です。

【終了方法】
精算快速!Liteアプリの終了方法の説明です。
直接終了する ウィンドウ右上のボタンを押し、終了します。
メニューから終了する 左上ファイルから終了するを選択し、終了します。
※オプション設定の"起動時に常駐する"を有効にしていた場合、ウィンドウを閉じただけは終了されません。メニューから終了してください。"起動時に常駐する"を有効にしていた場合、ウィンドウ右上のボタンでウィンドウを閉じた時は、デスクトップ画面右下に精算快速!Liteアイコンが表示され、クリックすると精算快速!Lite画面が開きます。


【利用履歴情報、残額を表示する】
下記、いずれかの方法から利用履歴情報、残額を表示させる事ができます。
表示される情報は、利用日付、入場駅、出場駅、チャージ金額、残額、支払額、備考です。
メイン画面中央上部の読取ボタンをクリックし、利用履歴情報、残額を表示します。
メイン画面の表示から、読取実行を選択し、利用履歴情報、残額を表示します。
オプション設定のカード自動読取モードで起動するを適用させ、自動的に利用履歴情報、残額を表示します。
※鉄道SF系カード自体には基本的に直近20件までの情報のみが保管されています。精算快速!Liteの保管機能を使用し、20件以上利用履歴情報を保管する事ができます。
※他SF系カード対応アプリを起動中の場合、読取れない事がありますので、利用履歴情報、残額を表示させる場合は、他SF系カード対応アプリを終了させてから、実行してください。
※複数枚同時に読取は出来ませんので、一枚ずつ読取を行ってください。
※SF系カードにより、保存履歴件数が異なります。
※支払い金額は残額データを元に算出するため、カード履歴の一番過去のデータは支払い金額が表示されません。

【動作環境】
精算快速!Liteを使用する為に必要なハードウェア環境をご案内します。
必要スペック 対応OS Windows XP(SP2)/Windows Vista、USBポート(USB1.1以上)


【インストール、アンインストール】
精算快速!Liteのインストール方法、アンインストール方法の説明です。インストール、アンインストールを行うには管理者権限が必要です。
【インストール】
精算快速!Liteをインストールするには下記の順番で実行します。

Q 精算快速!Liteインストーラを実行し、精算快速!Liteインストーラを起動し、"次へ(N)"をクリックします。




Q インストール先フォルダを確認し、"次へ(N)"をクリックします。
("参照(R)"をクリックすると任意のインストール先フォルダを設定できます。初期画面のインストール先フォルダはC:\Program Files\DreamMechanism\精算快速!Lite\です。"ディスク領域(D)"とは、各ディスクの空き容量を確認出来ます。)

精算快速!Liteの使用権限を他アカウント含む「すべてのユーザー」か現在ログインしている「このユーザーのみ」から選択します。
・すべてのユーザー(E)
インストールしたPCに対して、権限に関係なく、精算快速!Liteを利用する事が出来ます。管理者権限以外は精算快速!Liteをインストール・アンインストール出来ません。また、利用履歴情報等も共有されません。
・このユーザーのみ(M)
精算快速!Liteのインストールを行ったユーザーのみが使用出来ます。精算快速!Liteを使用する場合に、別アカウントで別管理者が存在した場合でも、再インストールが必要となります。管理者以外のユーザーはインストール権限、使用権限共にありません。




Q 精算快速!Liteをインストールする準備ができました。と表示されますので、"次へ(N)"をクリックします。
(インストール先フォルダを変更したい場合や、確認事項があれば"戻る(B)"をクリックします。インストールをやめる場合はキャンセルをクリックします。)




Q 精算快速!Liteは正しくインストールされました。と表示されますので、"閉じる(C)"をクリックし、インストール終了です。




【アンインストール】
精算快速!Liteをアンインストールするには下記の順番で実行します。
精算快速!Liteインストーラを実行し、精算快速!Liteインストーラを起動し、"削除(M)"にチェックを入れ、"完了(F)"をクリックします。
アンインストールが始まり、しばらくすると、精算快速!Liteは正常に削除されました。と表示されますので、"閉じる(C)"をクリックしてアンインストール終了です。
※アンインストールする場合は、必ず精算快速!Liteを終了させてからアンインストールしてください。起動中の状態ではアンインストールする事は出来ません。


【精算快速!本サービスのご案内】
精算快速!本サービスは精算快速!Liteにはない、様々な機能があります。
コンシューマ、法人ともに1アカウントから利用できます

精算快速!公式サイト http://www.seisankaisoku.jp

円滑な精算処理
社員がいつ・どの経費精算シートを印刷したか確認できます。これにより、期日までに精算処理が遅れぬよう、管理を行うことができます。

一元管理によるコスト削減
システム利用ユーザの全カード・全ユーザを管理者が一元管理できます。これにより、管理コストを削減できます。

自動入力による不正防止
これまでの手入力では、精算データの改ざんが可能でしたが、精算快速!はカードリーダーからデータを直接、自動入力する仕組みのため、データ入力時の不正を防ぐことができます。J?SOX法対応の一環としてシステムに組み込むことも可能です。

常に新鮮なマスタデータを提供
自動入力の元となるマスタデータは随時更新され、新鮮な状態に保たれます。公共交通機関等が、新設・移転・閉鎖された場合、独自の調査によって、常に新しいマスタデータを提供することができます。

経費精算データを自動入力
カードリーダーにSF系カードをかざすだけで、駅名・バス停・ショップ名・金額・日付などのデータを精算記録として、自動入力できます。また、SF系カードを使わなかった場合は行を追加して入力する事も可能です。
※一部不足分のマスタデータに関しては随時調査し更新します。

自動入力と自動チェック、上長承認も可能
自動入力された経費データは、システムによって行先・経路が設定された経路に適正であるかを自動チェックします。自動チェックによって否認された経費や確認が必要な経費は色が変わってわかりやすく視認できるようになっています。自動チェックされた精算データに対し、上長が承認・否認操作を行うこともできます。

その他豊富な機能
・マスタデータの管理が可能(行先マスタ/交通機関マスタ/路線マスタ/店舗マスタ)
・システム設定(システムの詳細な設定が可能)



【免責事項、著作権】
精算快速!LiteはSF系カードの利用履歴情報、残額を表示しております。利用履歴情報、残額の表示に、万全を期しておりますが、内容を保証するものではありません。利用履歴情報、残額は参考情報としてご利用ください。本情報のご利用に基づくいかなる損害に対しても責任は負い兼ねますのでご了承願います。
Suica、モバイルSuicaは、東日本旅客鉄道株式会社の登録商標です。
TOICAは、東海旅客鉄道株式会社の登録商標です。
ICOCAは、西日本旅客鉄道株式会社の登録商標です。
PASMOは、株式会社パスモの登録商標です。
その他掲載の会社名、サービス名は各社の商標、商標登録です。
本ヘルプの内容は予告なく変更する事があります。
【バージョン情報】
このヘルプは以下の製品について記述したものです。

精算快速!Lite ver1.0.0